Tag Archives: ricotta

KitchHike n.46&47

Standard

大好きなかぼちゃと栗の季節になりました!カフェでの料理教室など、他の企画もあってキッチハイクの回数が少なくなってしまいました…そしてブログの回数も…でも諦めず(??)書き続けます!それでは最近のキッチハイクメニューを紹介したいと思います★

まずは9月末に行ったキッチハイク46回目のレポートから:参加者のリクエストに合わせて、メニューは全品トスカーナ料理にしました!

アンティパスト (前菜)

  • Panzanella (パンツァネッラ)
  • Asparagi alla fiorentina (フェィレンツェ風アスパラ)

プリーモ (パスタ)

  • Spaghetti ubriachi (「酔っ払った」スパゲッティ)

セコンド(主菜)

  • Peposo (ペポーゾ)
  • Cannellini all’olio(白いんげん煮)

ドルチェ

  • Torta di riso alla carrarina (カッラーラ風ライスケーキ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パンザネッラはフェィレンツェの伝統料理、パンのサラダです。さっぱりで冷たい夏料理なので、今年のキッチハイクで出すのは今回で最後だろうと思って用意しました。硬くなった食パン(できればハード系のパンを使うこと)を水に浸してから絞り、トマト、きゅうり、玉ねぎと合わせてサラダにします。多くのイタリア料理のように、味付はとても単純です:塩、黒胡椒、オリーブオイル、お酢だけ。

パンツァネッラと一緒に前菜として出したフィレンツェ風アスパラは軽く茹でてから炒めたアスパラに目玉焼きとパルメザンチーズをトッピングした料理です。実はイタリアの他の地域でも似たような料理があるはずです(レシピやアレンジが少し違っても似たような料理がイタリアの各地域にあるのはイタリア料理の一つの特徴です)。IMG_0395

前菜が他のキッチハイクでも作ったことがありましたが、パスタは今回の新エントリーでした!イタリア語で「スパゲッティ・ウブリアーキ」と呼び、「ウブリアーキ」は「酔っ払った」という意味です。スパゲッティ(他のパスタの種類でも作れます)が酔っ払ってしまう理由とは、ソースに赤ワインを使うことです!赤ワイン以外の材料をほとんど使わないシンプルなソースで、パスタが赤・ピンク色になります。いつもと違う、斬新な一品を作りたい時にオススメです! IMG_0396

赤ワインと3時間ほどじっくり煮込んだ牛スネ肉煮込みのペポーゾはまたフェィレンツェの郷土料理です。
肉の脂身が溶けるまで煮込むため、バターやオリーブオイルなどの油を入れないこと、そしてブラックペッパーとハーブで香りをつけることがこのレシピの秘密です〜(^^)

付け合せとしてセージ香る白いんげんにしました。豆類もトスカーナ料理で大活躍されています!IMG_0398

最後、日本人に不思議に思われる(笑)、お米を使ったケーキ。ライスケーキがよく作りますが、今回のはカッラーラという町のレシピを使いました。さっと煮たお米をケーキ型の底に広げ、その上に卵と牛乳ベースの生地を流したらオーブンで焼きます。食感が違う2層のケーキが出来上がり、見た目も綺麗です!IMG_0399

続いて、47回目のメニュー紹介。10月に入ってから開催したので、秋の味に変わりました!

やっぱり栗とかぼちゃですねw

アンティパスト (前菜)

  • Zuppa di porri (長ネギのスープ)
  • Ricotta fatta in casa con marmellate di castagne e cachi (ジャム添え手作りリコッタチーズ)

プリーモ (パスタ)

  • Linguine al sugo di fegatini (鳥レバーソースのリングイーネ)

セコンド(主菜)

  • Petto di pollo ai funghi (きのこクリームの鶏肉ささみ)
  • Zucca al forno(オーブン焼きかぼちゃ)

ドルチェ

  • Castagnaccio (カスタニャッチョ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 IMG_0400
寒くなってきたのでスープも良いと思って長ネギのスープからスタートしました。イタリアではリークを使いますが、長ネギでもバターとの相性が良く、味がほとんど変わりません。

スープと一緒によく作る自家製リコッタチーズマロン柿ジャム(←柿ジャムも自家製です〜)を添えて出しました。チーズに蜂蜜をかけるのも美味しいですが、ジャムもとてもオススメです(^_^)IMG_0402

パスタにはリングイーネ(スパゲッティよりちょっと平たい形をしているパスタ)を選び、ある意味自分が開発した(笑)鳥レバーソースと合わせました。生クリームも加えた、ハーブ香るソースで、レバーなのに割とデリケートな味です。IMG_0403

セコンドも秋の味覚たっぷりでした:きのこ(マッシュルームとポルチーニ)のクリーミーなソースで和えた鶏肉ささみオーブンで焼いたかぼちゃ。鳥ささみは脂肪が少ないので生クリームと合わせてもあまり重く感じないと思います。そしてマッシュルームだけを入れたら香りが物足りないため、乾燥ポルチーニも加えて香りを深く〜

かぼちゃ(通常のかぼちゃと一緒にバターナッツも使いました)は一口サイズに切り、オリーブオイルやローズマリーをかけた後にオーブンで焼きました。IMG_0404

秋冬のトスカーナ料理のデザートと言えば、やはり栗の粉で作る「カスタニャッチョ」です。これも何回も用意しました!そろそろ今年の新栗の粉を調達しなきゃ〜!IMG_0405
今月、来月もキッチハイクと料理教室を開催しますのでお楽しみに!
Advertisements

KitchHike n.44&45

Standard
前回のポストから結構経ちました…
5〜6月にソーシャルアパートメントでのキッチハイクを担当したり、イタリアに帰ったりして、通常のキッチハイクを一時休止していたからです。7月になって久しぶりに自宅でキッチハイクを2回開催しましたが、8月はカフェでの料理教室などもあり、9月になってしまった今はやっとブログのレポートも再開です!
早速、44回目のメニューについて〜♪

アンティパスト (前菜)

  • Pittule e tarallini (ピットゥーレとタラッリーニ)
  • Zucchine all’aceto (ズッキーニのビネガー炒め)
プリーモ (パスタ)

  • Orecchiette broccoli e ricotta salata (ブロッコリーとリコッタサラータのオレッキェッテ)
セコンド(主菜)

  • Filetti di merluzzo al forno con patate e pomodorini (鱈の蒸し焼き〜ジャガイモとプチトマト添え〜)
ドルチェ

  • Tiramisù (ティラミス)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_03756月にイタリアへ帰り、サレントという南イタリア(プーリア州)の地域を旅行してきました。せっかくサレント料理について学ぶ機会もあったから、日本に戻って開催した44回のキッチハイクのメニューは南イタリアをテーマにしました。

一番作りたかったのは前菜のピットゥーレです。旅行する前にこの料理のことを知らなく、家族で泊まったアパートのオーナーが教えてくれたレシピを再現しました。ピットゥーレは小麦粉・酵母・水だけで作る生地の揚げた料理で、一口サイズなのでおつまみとして食べやすく、更に生地にオリーブやトマト、カリフラワーなどを加えると色々なアレンジバージョンができます。定番の食べ方は葡萄から作るvincotto(濃厚で甘いソース)ですが、それはなかったのでvincottoに似てるバルサミコ酢ソースを用意しました。
一回手を出したらなかなか止まらないおつまみですよ( ^ω^ )!
IMG_0377
タラッリーニはスナック菓子のようなものです。イタリアどこでも売ってますが、今回旅行したプーリア州の名物で、その時買って持ってきました。プレーン、ピッツァ味、フェンネル入りなど、色々な種類があります♪
IMG_0376
ズッキーニのビネガー炒めは前も作ったことがあります。シチリア出身のお祖母さんがよく作っていた料理なので、南イタリアのテーマに合うと考えてメニューに入れました〜
IMG_0378
プリーモのオレッキェッテは日本でも見かけるパスタの一種。これも今回旅行したプーリア州の料理です。ブロッコリーソースとの食べ方も伝統的で、炒めて細かくしたブロッコリーに塩味の強いリコッタサラータ(塩漬けで熟成されてるので通常のリコッタより硬くて味が濃いチーズです)を加えました。
 IMG_0379
言うまでもなく、南イタリアと言えば魚介類も美味しい。何かの魚料理を作るべきだと思い、セコンドとして鱈の蒸し焼きを皆さんと一緒に作りました。野菜も揃えて色が綺麗に〜オーブン焼きの魚料理が大好き♪
最後だけは南イタリアのテーマから外れ、定番のイタリアンデザート、ティラミスを用意しました☆まぁ個人的にティラミスって外れがないデザートですねw

次に45回目のメニュー!

アンティパスト (前菜)

  • Panzanella (パンツァネッラ)
  • Rotolo di frittata con formaggio fresco, rucola e salmone (クリームチーズ、サーモン&ルッコラ入り卵巻き)
プリーモ (パスタ)

  • Gnocchi alla sorrentina (ソレント風ニョッキ)
セコンド(主菜)

  • Straccetti di pollo all’aceto balsamico (鶏肉のバルサミコ炒め)
  • Insalata del giorno (りんごとくるみ入りベビーリーフサラダ)
ドルチェ

  • Clafoutis alle ciliegie (さくらんぼのクラフティ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(パンツァネッラについてはここを見てください→KitchHike n.2)
IMG_0384
卵巻きはパーティーにぴったりの色鮮やかな料理です。ベースの卵焼きはフライパンではなく、オーブン皿を使ってオーブンで焼きました。そして中の具は基本的に好きなものを入れてオッケーです〜今回はクリームチーズ、ルッコラ、スモークサーモンでしたが、生ハム、焼きパプリカやズッキーニ、ツナ、ドライトマト、モッツァレラ(カマボコや佃煮などもいけると思う笑!)などなど〜お好みで色々組み合わせてみて!
IMG_0386

ニョッキは何回も作ったことがあるのに、今回のソレント風は初めて用意しました。これもシンプル!トマトソースにモッツァレラチーズを加えてオーブンで焼きます(今回もいつもお世話になってるオーブンを大活用〜)☆
ニョッキはもちろん生地から参加者と一緒に作りました♪

その次の鶏肉のバルサミコ炒めは6月のソーシャルアパートメントでのキッチハイクの時に作りましたが、自宅キッチハイクの場合は新メニューでした。まずフライパンで一口サイズに切った鶏胸肉を炒め、ほとんど出来上がっているところでバルサミコ酢も入れて煮つめます。簡単ですが味も美味しく、インパクトもあります^_^
IMG_0391
肉と一緒に食べるならフレッシュなサラダが良いでしょう〜りんごxくるみの好きななコンビにして、ベビーリーフベースでサラダを用意しました。
IMG_0389
最後、タルトよりしっとりで柔らかく、様々なフルーツで作れるフランスのお菓子、クラフティ。有名なのはチェリー入り🍒バージョンなので季節のさくらんぼを使いました☆
IMG_0392
ざっくりですが以上です!

ポストの最初にも書きましたが、先月、カフェで初めて料理教室をやらせていただきました。これもまた違っ感じの素敵な経験でした!駒込のヒャクトウコーヒーで朝2時間、フォカッチャとツナ詰トマトを参加者と一緒に作りました。
ヒャクトウコーヒーでの料理教室も開催しつつ、今月から自宅でのキッチハイクも再開します!お楽しみ〜

KitchHike n.29

Standard

これまでイタリア料理をたくさん作り、各キッチハイクのために違うメニューを用意してきました。時々ワインも出し、そして食後にエスプレッソ、ハーブティーなど。でも飲み物といえば…まずお水じゃない?

29回目のキッチハイクの時、日本でなかなか見かけない2種類のイタリア産ミネラルウォーターを料理と一緒にゲスト達に提供でしました。まずは飲みやすくて料理の味を引き立て、ワインを飲んだ後にも口の中をスッキリさせる、私の出身地であるトスカーナ州のAcqua Panna。そして細かくて軽い泡が特徴、「スパークリング・ミネラルウォーター」とも呼べる、アルプス産のS.Pellegrino

img_0229

それじゃあその時のメニューはこれ↓↓♪

前菜

  • Crostini scamorza e radicchio (トレビスとスカモルツァチーズのカナッペ)
  • Panzanella (パンツァネッラ)
  • Uova ripiene (詰め卵)

パスタ

  • Pasta con ricotta e sugo di cipolle (オニオンソースと自家製リコッタのパスタ)

サラダ

  • Insalata di cocomero e ricotta (スイカと自家製リコッタのサラダ)

デザート

  • Salame di cioccolato (チョコレートサラミ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
img_0231
左から:パンツァネッラ、トレビスとスカモルツァチーズのカナッペ、詰め卵。
夏のパンサラダ「パンツァネッラ」と好きな具を組み合わせて簡単に作れる「詰め卵」は既に私のキッチハイクの定番。
img_0230
また、苦味が特徴の「大人の野菜」トレビス(イタリア語でラディッキョ)もよく活用しています(^^)今回スモークチーズのスカモルツァと一緒にオーブン焼き「トレビスとスカモルツァチーズのカナッペ」にしました。オーブン焼きにするとパンもカリカリで、チーズがいい感じに溶けて美味しいー(*^▽^*)
img_0232
メインのパスタも前に作ったことがあります。実家にいた時以外、どこにも食べてない、私にとって完全にマッマの味です。シンプルな玉ねぎソース自家製リコッタチーズを加えて優しい味のパスタ。ペンネやコンキリエのような短くてソースが絡みやすいパスタがよく合うと思います(この時はコンキリオーニとファルファッレでした)。
サラダは何回も夏のキッチハイクのために作った、大好評のスイカとリコッタチーズサラダ
ここも自家製のリコッタを使い、味付けはオリーブオイル・塩コショウ・ミントだけ〜
img_0235
そしてデザートも定番のチョコレートサラミ
(写真を撮らなかったので前回のを使わせてもらいます!)
img_0227
最後に私と故郷の水のツーショット!笑
次回のキッチハイクにもAcqua PannaとS.Pellegrinoを出す予定です!
料理、水、裏話(笑)等、完全なイタリアン経験をいかがでしょうか。

 

…あ、次のキッチハイクはなんと2日後!
10月〜11月に参加希望の方こちらからご予約・メッセージをどうぞ〜

KitchHike n.23

Standard

前回のキッチハイクから1ヶ月半も経ってやっと6月に入ったらキッチハイクを再開!

先月ハワイに行ってきて、そこで面白そうな食材、青トウモロコシの粉を買いました。トウモロコシの粉で作るイタリア料理の「ポレンタ」が好きなので、青いポレンタが作れないかずっと考えててまだ試していませんw 因みにこの青トウモロコシとは着色料を使っているものではなく、本当に自然な野菜のようですよ!

23回目のキッチハイクは青トウモロコシの粉を活用せず(笑)、リコッタやモッツァレラ、ゴルゴンゾーラなど、チーズメインのメニューを組みました。こちらです〜

前菜

  •  Ricotta fatta in casa con miele e pistacchi (はちみつとピスタチオかけ自家製リコッタチーズ)
  • Mozzarella in carrozza (モッツァレッラ・イン・カッロッツァ)
  • Peperoni alle olive (パプリカとブラックオリーブ炒め)

パスタ

  • Strozzapreti con salsiccia e gorgonzola (サルシッチャとゴルゴンゾーラチーズソースのストロッツァプレーティ)

サラダ

  • Insalata con zucchine grigliate e pecorino (焼きズッキーニとペコリーノのサラダ)

デザート

  • Crema agli amaretti (アマレッティ風味のティラミスククリーム)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まず、前菜に使ったチーズ類はリコッタとモッツァレッラ。
私の手作りリコッタチーズを何度もキッチハイクに用意した一品で、今回はちみつと細かく刻んだピスタチオと合わせました。
image
モッツァレッラは豪華な「モッツァレッラ・イン・カッロッツァ」(日本語でいうと「馬車に乗っているモッツァレッラ」)風にハイカーの皆さんと作りました。モッツァレッラをサンドイッチのように食パンに挟み、溶き卵につけて揚げる料理です…ちょっとフレンチトーストに似ているかな?でも砂糖の代わりに塩をまぶします。時々食べたくなるガッツリ系の家庭料理ですね笑
image
全品にチーズって流石にキツいと思ったのでパプリカとブラックオリーブの炒めにはチーズが入っていません〜味づけはオリーブオイル、塩、ケッパーです。
image
前菜を食べた後、ゲスト達と生パスタを作りました。今日の生パスタは「ストロッツァプレーティ」という種類で、ソースは(また違うチーズ)ゴルゴンゾーラとサルシッチャ(イタリアの生ソーセージ)で作りました。「ストロッツァプレーティ」は卵を使わない生地を平麺にして、一本ずつくるくるとねじって千切って作る短いパスタです。手作り感が溢れて食感がもちもちです☆今日のソース以外、ミートソースや海鮮類も相性が良いです(^^)
焼きズッキーニのさっぱりサラダにも別のチーズ、ペコリーノをまぶして提供しました。
(写真がなくてすみません…)
そして最後、マスカルポーネチーズを使ってアマレッティ風味のティラミスクリームをデザートとして用意。これは因みに去年の夏キッチハイクでも作りました〜(ここを参考)
image
終わり(^-^)♪
次回のレポートではピンク色のニョッキが登場☆

そして見たことのないイタリア料理が気になる方は是非私のキッチハイクにご参加下さい♪

メッセージと予約はこちら~(日程満席の場合はスケジュール調整します!)

KitchHike n.16&17

Standard
来月、父が日本へ遊びに来るので、キッチハイクできる時間が少なくなってちょっと寂しいですが、とりあえず今月ほぼ毎週キッチハイクを開催しました(^^)そして4月からまた時間ができると思うのでご興味のある人がここでメニューや予約情報が載っています〜
さて、16回と17回目のキッチハイクは一週間だけ空けて行ったので、一緒に紹介します。
まず16回目のメニュー:

 

前菜

  • Crema di ceci(ひよこ豆のムース)
  • Crêpes gorgonzola e pere(ゴルゴンゾーラチーズと梨入りクレープ)
  • Scaloppine di pollo al limone con asparagi(レモン香る鶏肉のスカロッピーネ)

パスタ

  • Pasta ricotta e sugo cipolle(リコッタチーズと玉ねぎソースのカラフルパスタ)

付け合せ

  • Cavolo nero rifatto(カボーロネーロのベーコン炒め)

デザート

  • Salame di cioccolato(チョコレートサラミ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
トスカーナ料理ではやっぱり豆をよく使います。ハーブと煮たひよこ豆をミキサーにかけたら、簡単にこのひよこ豆ムースが出来上がります。お好みで水分を調節してスープにも変更できます♪
一緒に出した「レモン香る鶏肉のスカロッピーネ」はオシャレに聞こえますが、これもよくあるシンプルな家庭料理です。なぜ今までキッチハイクで出してなかったのかと思いましたw 「スカロッピーネ」とは肉の薄切りを示し、豚肉、牛肉のスカロッピーネもあります。今日のスカロッピーネは鶏肉ですが、レモン風味のクリーミーなソースが美味しさのポイントです★

image

クレープといえばフランスですが、イタリアでも普通に食べられ、「クレスペッレ」という似たような料理もあります。そしてこのクレスペッレは特にデザートよりおかずとして食べたりします。今回の「ゴルゴンゾーラチーズと梨入りクレープ」もチーズと梨(本来は洋梨)の無難な組合せ(イタリアではチーズと洋梨がよく合うことは有名)を生かして前菜として出しました。実はメニューに書いていませんが、ゴルゴンゾーラとメロンバージョンも作ってみました。メロンの甘さもチーズの独特なクセにマッチしますが、梨よりは水分がちょっと多いかなと思いました。またチャレンジします(^-^)
image
メインディッシュの「リコッタチーズと玉ねぎソースのカラフルパスタ」はキッチハイク新登場じゃありません。実は去年の夏も出したことがありますが、ちょっと違う形のパスタでした。キッチハイク16回目の時はカラフルなシェル型のパスタを選び、とても懐かしい味がするリコッタと玉ねぎソースと合わせました。因みにリコッタチーズはもちろん自家製です!
image
image
前回のキッチハイクでも使ったイタリアの黒キャベツ、「カボーロネーロ」は今回も活躍し、ベーコンと一緒に「カボーロネーロのベーコン炒め」にしました。よくあるほうれん草とベーコン炒めよりは少し苦味があり、大人の味ですね〜
image
バレンタインデーが近かったということでデザートはチョコレート系にしようと決めました。最近日本でも似たようなものを見たことがあり、見た目の可愛い「チョコレートサラミ」を作りました。手軽にできて、イタリア人はみんな一回は作ったことがあると思います。
「サラミ」と言いますが、味は関係ないのでご安心ください笑 形だけはサラミに見えます(^^)。このキッチハイクの後に何回か用意したり、友達に食べさせたりしてなんか日本人好みに合うようです。でもバターがたくさん入ってるので食べ過ぎないように気をつけましょう!w
image
続いて17回目の料理です。

前菜

  • Insalata di polpo e borlotti(タコとうずら豆のサラダ)
  • Inzimino di seppie(イカのインツィミーノ)
  • Cocktail di gamberi(海老カクテル)

パン

  • Focaccia mozzarella e prezzemolo(モッザレッラチーズとイタリアンパセリ入りフォカッチャ)
パスタ
  • Tagliolini fatti in casa con ragù bianco di pesce(手打ちタリオリーニ〜魚ラグー・ビアンコソース〜)

サラダ

  • Insalata con pompelmo rosa(ピンクグレープフルーツ入りサラダ)

デザート

  • Salame di cioccolato(チョコレートサラミ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
17回キッチハイクでは他の書き込みなどでコメントしたことがある料理がいくつかあって、いつも通り説明していないディッシュだけについて話します。久しぶりに魚系のフルコースでした。
1回目のキッチハイクの時、タコとじゃがいものサラダを作っていましたが、今回「タコとうずら豆のサラダ」に変更。うずら豆はイタリアでよく食べる豆種で、魚介類と豆を使う料理が珍しくありません。例えば、ひよこ豆とツナ、白いんげんとムール貝なども人気のコンビです。
image
豆と魚介類のコンビの後、野菜と魚介類の料理。この「イカのインツィミーノ」についてここで話しました。
image
海老カクテル」も同じく、去年の夏キッチハイクに出したことがあります(ここを参考)。
そしてモッザレラチーズとイタリアンパセリのフォカッチャもこれで何回目だろうw
image
新しいメニューがなくて面白くない〜と思われるかもしれません(笑)が、今回のキッチハイクのお楽しみはハイカーと一緒に作った手打ちタリオリーニパスタでした。前回もピーチというパスタを来たハイカーと一緒に伸ばしたことがありますが、ピーチと違って今回のタリオリーニはパスタマシーンで作りました。パスタマシーンとは用意した生地を伸ばしたり、麺に切ったりするための機械です。私を入れて5人で生地を持ったり、マシーンに通したり、麺を運んだり…とても効率的なグループワークでしたw
ソースは予め準備していた(主にタラと棒サメ)のラグー・ビアンコ。普段、ラグーはミートソースのことです。肉の代わりに細かくした魚を使えば「魚のラグー」と言い方もあり、そして「ビアンコ(白)」を付くとトマトソースが入っていないと示します。基本の味付けはニンニクとオリーブオイルだけですが、今回はブラックオリーブも加えていました(^-^)
image
その後、魚料理と柑橘系が合いますし、そしてサラダに果物を入れる私なので、ピンクグレープフルーツ入りサラダを用意しました〜グレープフルーツは前菜のタコサラダなどに加えても美味しいですよ〜
image
17回目のキッチハイクもバレンタインデーに近い日程だったので、デザートとしてもう一度上記の「チョコレートサラミ」を選択〜
image
よーし、後3日間で18回目のキッチハイクなので、今日もギリギリ今までのメニューレポートを書き終わりました。
そういえば、先月「ママスタ」というウェブマガジンのために私のキッチハイクについてインタビューされました。記事をリンクするので、ご興味があれば読んでみてください〜(^o^)

KitchHike n.9

Standard
12月に入り、今度のキッチハイクでクリスマスっぽいメニューを出した方がいいかと考えたりしますが、実はイタリアでクリスマスの時に食べるものがそこまで決まっていないのです(ターキーはイギリスだねw)。いつも食べるわけではありませんが、この時期の伝統料理といえばコテキーノとレンズ豆添えがあります。コテキーノとは豚腸に詰めた豚肉です(または豚足に詰める、ザンポーネという似たようなものもあります)。これは日本で作ろうとしてもなかなか見つかれませんね…でもそれより、私はコテキーノが昔から嫌いですから作りません笑 面白い料理ですけどね。
また、この時期のデザートならパネットーネ、パンドーロ、トッローネ、カントゥッチーニなどがたくさんあります。ただこれらは作るよりは買って食べるお菓子です…まぁカントゥッチーニ(アーモンド入りクッキー)は作ってみたいですね(^_^)。因みにイタリアでクリスマスケーキなんて食べませんよ!
さて、9回目のキッチハイクは先月上旬だったからクリスマスと関係ないですが、紹介いたします!
前菜
・ペシェフィント (Pesce finto)
・エビとズッキーニの大麦サラダ (Insalata di orzo con gamberetti e zucchine)
・リコッタチーズのサーモン巻 (Rotolini di salmone e ricotta)
・モッザレラチーズとイタリアンパセリ入りフォカッチャ (Focaccia prezzemolo e mozzarella)
メイン
・イタリアンいか詰め (Seppie ripiene)
付け合わせ
・グリーンピース炒め (Piselli trifolati)
デザート
・かぼちゃのフリッテッレー (Frittelle di zucca)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前菜の中の一押しはペシェフィントでした。イタリア語で「偽魚」の意味です。ツナと蒸したじゃがいもを混ぜ、魚の形に整えてから野菜などで飾ります。どちらかといえば、特別な時に作る料理です。そして作り方と味がシンプレで、形や飾り方が自由で可愛いですから子供も喜ぶ一品です。今回なぜかちょっとロックなイルカの形に出来上がりましたw(イルカは魚じゃないね…^^’)
image
エビとズッキーニの組み合わせは様々な料理に活かせますが、今回は私の好きな大麦サラダ(参考:)に使いました。本来ズッキーニの花も入れますが、日本ではあまり売られていないのでその代わりに同じ黄色の菊の花を加えました。それでも美味しかったですよ!
image
リコッタチーズのサーモン巻は自家製のハーブ入りリコッタをスモークサーモンで巻いて作りました。クリームチーズとサーモンは日本でも普通にあるのでそんな珍しいものではないと思います。

image

作ったフォカッチャを出すのも初めてではありませんから説明をパスします〜
ようやく9回目のメインディシュ、トマト煮込みのいか詰め。日本ではいかめしがありますが、イタリアのいか詰めは別物です。中に入れるのはお米ではなく、いかのげそやパン粉などです。少しお洒落に見えますが、これこそママの味です〜何回も実家で食べていて、両親が日本へ遊びに来た時もお母さんに作ってもらいました(*^-^*)
いかの中に具を入れすぎると煮る時に爆発しますから気をつけて〜笑
image
グリーンピースに関しても前に説明したことがありますから今回スキップ〜
最後、秋かぼちゃをフリッテッレー(揚げ菓子)にしてついつい食べてしまうおつまみデザートが出来上がり!
これもお母さんに教えてもらいましたが、実は自分が作ったフリッテッレーの方が美味しくできましたw でもその理由は多分日本とイタリアのかぼちゃの違いにあると思います。日本のかぼちゃの方が甘みがあるのでお菓子に向いているのです。
終わり〜
うちの料理にご興味のある方はキッチハイク予約はこちらで♪
よし、今月のキッチハイクでやっぱりクリスマスっぽいメニューを立てよう〜♪

KitchHike n.4

Standard

夏ってどうしたの?急に寒くなったり雨ふったりしているこの天気でずっとテンションが低い私は今日、カフェにこもって4回目のキッチハイクについて書きます。

前菜
・スイカとリコッタチーズのサラダ (Insalata di cocomero e ricotta)
・ゴルゴンゾーラチーズ、梨とくるみのカナッペ (Crostini gorgonzola pere e noci)
・カラスミ風味の卵とトマト炒め (Uova al pomodoro con bottarga)

メイン
・玉ねぎソースとリコッタチーズのパスタ (Pasta con sugo di cipolle e ricotta)

サラダ
・カテリーナ・デ・メディチ風サラダ(Insalata Caterina de Medici)

デザート
・米ケーキ (Torta di riso)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

4回目も前回のキッチハイクで作っていた何品があり、新しい料理だけを説明します。

前菜のスイカとリコッタチーズのサラダはまた珍しい組み合わせでしょう。夏のフルーツ、スイカを使う一品を作りたくてこのサラダにたどり着きました。赤玉ねぎとペパーミントも入れ、オリーブオイルと塩で味付け。そしてスイカは…ハートの形に♡笑 (ヴァレンタインに使えそう…スイカって季節外れだけどw)

image

カナッペはゴルゴンゾーラチーズ、梨とくるみを載せてすぐ食べてもいいですし、オーブンで焼いてチーズが溶けてしまってからの温かいバージョンもできます(私はこっちの方が好き〜♪)。もともと洋梨を使いますが、梨でも十分美味しくできます。りんごもいけるかもしれません〜

image

卵とトマト炒めは…まぁ、本当にどこの家庭でもあるイタリア料理です。

トマトソースの中に目玉焼きを作るか、スクランブルエッグにするか、どちらにしてもとても簡単で早い一品ですから作ってみてください〜

そして最後にワンポイント味としてパウダーカラスミもかけました(^-^)

image

メインの玉ねぎソースとリコッタチーズのパスタは完璧に「私の母の味」です。そのようなレシピを探してもあまりなく、レストランで食べたこともありません。きっとどこかから来たと思いますが、私にとってはお祖母さんと母が家で作っていたパスタでしかないです(^^)

これもシンプルな料理です。玉ねぎとオリーブオイルで作ったソースと茹でたパスタを絡め、リコッタチーズ(多めに作ったからメインにも活躍!)を加えて混ぜるだけです。パスタの種類は何でもいいですが、ペンネのような短いパスタが一番合うと思います。今回また「パッケリ」を使いました。

なんて懐かしい味〜(^ω^)

image

デザートはトルタ・ディ・リーゾ!(お米で作ったケーキ。詳しくはKitchHike n.2のレポートで)

image

いかがでしたか?前回のレポートも読んでみてください〜そして気になる料理があったら詳しく説明します!

そしてうちの家庭料理を食べたり、一緒に作ったりしたい方はご予約はこちらへ