Tag Archives: pesce finto

KitchHike n.42&43

Standard

すでに一ヶ月以上が経ってしまいましたが、4月に開催した二つのキッチハイク、紹介します!

まず第42回目です:

アンティパスト (前菜)

  • Torta pasqualina (トルタ・パスクアリーナ)
  • Insalata primaverile (春サラダ)

プリーモ (パスタ)

  • Strozzapreti al ragù di polpo (ストロッツァプレーティ〜蛸のラグーソース)

セコンド(主菜)

  • Pesce al forno con patate e pomodorini (黒鯛のオーブン焼き、ローストポテト&チェリートマト)

ドルチェ

  • Torta alla ricotta (リコッタケーキ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_0351
イースターの季節に合わせて、イタリア語で「イースター風ケーキ」と訳せる「トルタ・パスクアリーナ」を前菜として用意。ケーキと言っても、ほうれん草または小松菜、そしてイースターのメニューに欠かせない卵が入ったキッシュに似た料理です。卵は丸ごと(殻以外w)が入ってるので、ケーキを切る時に断面がとても綺麗に見えます(^-^)
IMG_0342
サラダには旬のそら豆、そしてうずらの卵プチトマトセロリディルを組み合わせました。そら豆はイタリアでの食べ方と同じく生のままでした。イタリアで新鮮なそら豆は皮だけを剥き、チーズ(特にペコリーノチーズ)と一緒に食べたりします。今回のサラダにも少しチーズを入れてました💡
IMG_0341
パスタは他のキッチハイクでも作った手作り(生地から作って、ハイカーさんたちと一緒に成型しました)フトッツァプレーティ蛸のラグーソース。「ラグー」とはミートソース、ボロネーゼのことです。挽肉の代わりに細かく刻んだ蛸を使い、今回のソースが完成♪
IMG_0343
セコンドはかなりインパクトのある一品、黒鯛の丸焼きを用意し、付け合わせに一緒に焼いたローストポテトプチトマト。味付けはもちろんオリーブオイル、そしてハーブとレモン。大きな魚は下ごしらえが大変ですが、やっぱり出来上がりがいいですね!味も淡白で美味しい〜

特に南イタリア、イースターの時期にリコッタチーズを使ったデザートが食べられる。同じレシピではありませんが、私もリコッタチーズのフィリングのケーキにしました。いつもの自家製リコッタチーズを作り、タルト生地のフィリングに使いました。中にはチョコチップやドライフルーツも入れてちょっと豪華な感じに〜
次に早速43回目のキッチハイクメニューです。

アンティパスト (前菜)

  • Pesce finto (偽魚)
  • Uova ripiene (詰め卵)

プリーモ (パスタ)

  • Pasta Vesuvio con zucchine, rucola, gamberetti e zafferano (ルッコラ、ズッキーニ、海老とサフランのパスタ)

セコンド(主菜)

  • Spiedini di pesce con salsa allo yogurt (カジキ&サケの串焼き〜ヨーグルトソース添え)
  • Insalata di stagione (季節のサラダ)

ドルチェ

  • Salame di cioccolato (チョコレートサラミ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_8484
イースターの季節でしたが、4月と言えば「エイプリルフール」もあります。イタリアでは冗談という意味で「4月の魚」と呼び、子供が紙に書いた魚の絵を友だちや両親の背中に秘密に貼ったりして笑う風習があります。魚というテーマを活かし、アンティパストとして「偽魚」と呼ぶ魚の形にしたジャガイモとツナで作った料理。ここにも説明します。
因みにオリーブやヤングコーン、豆などを今回の偽魚にみんなで飾ったりしました!

IMG_0354

卵詰めも定番メニューなのでパスします。

IMG_0356IMG_0357

パスタ
は「ヴェスヴィオ」と呼ぶ種類で、去年実家に帰ってきた時に買ったパスタでした。私も買う時まで聞いたことのなかったほど珍しい種類です。ヴェスヴィオはナポリの近くの火山ですが、このパスタは確か火山に似たような形で面白いです〜ソースとしてズッキーニ、ルッコラ、海老とサフラン、春らしいものを選びました。
IMG_0358
43回目のセコンドも魚でした。銀鮭カジキを一口サイズに切り、串に刺して焼きました。そのままでも美味しいですが、ヨーグルトディルで作ったさっぱりソースを魚の串焼きにかけて出しました。付け合わせにまた春らしいサラダ〜

最後、よくキッチハイクの際に作るチョコレートサラミ(→ここ見て〜)。
IMG_0363
 これで終わり!
5月と6月は特別企画、ソーシャルアパートメントでのキッチハイクがあるので通常の自宅キッチハイクができませんが、7月からまた再開する予定です!
Advertisements

KitchHike n.9

Standard
12月に入り、今度のキッチハイクでクリスマスっぽいメニューを出した方がいいかと考えたりしますが、実はイタリアでクリスマスの時に食べるものがそこまで決まっていないのです(ターキーはイギリスだねw)。いつも食べるわけではありませんが、この時期の伝統料理といえばコテキーノとレンズ豆添えがあります。コテキーノとは豚腸に詰めた豚肉です(または豚足に詰める、ザンポーネという似たようなものもあります)。これは日本で作ろうとしてもなかなか見つかれませんね…でもそれより、私はコテキーノが昔から嫌いですから作りません笑 面白い料理ですけどね。
また、この時期のデザートならパネットーネ、パンドーロ、トッローネ、カントゥッチーニなどがたくさんあります。ただこれらは作るよりは買って食べるお菓子です…まぁカントゥッチーニ(アーモンド入りクッキー)は作ってみたいですね(^_^)。因みにイタリアでクリスマスケーキなんて食べませんよ!
さて、9回目のキッチハイクは先月上旬だったからクリスマスと関係ないですが、紹介いたします!
前菜
・ペシェフィント (Pesce finto)
・エビとズッキーニの大麦サラダ (Insalata di orzo con gamberetti e zucchine)
・リコッタチーズのサーモン巻 (Rotolini di salmone e ricotta)
・モッザレラチーズとイタリアンパセリ入りフォカッチャ (Focaccia prezzemolo e mozzarella)
メイン
・イタリアンいか詰め (Seppie ripiene)
付け合わせ
・グリーンピース炒め (Piselli trifolati)
デザート
・かぼちゃのフリッテッレー (Frittelle di zucca)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前菜の中の一押しはペシェフィントでした。イタリア語で「偽魚」の意味です。ツナと蒸したじゃがいもを混ぜ、魚の形に整えてから野菜などで飾ります。どちらかといえば、特別な時に作る料理です。そして作り方と味がシンプレで、形や飾り方が自由で可愛いですから子供も喜ぶ一品です。今回なぜかちょっとロックなイルカの形に出来上がりましたw(イルカは魚じゃないね…^^’)
image
エビとズッキーニの組み合わせは様々な料理に活かせますが、今回は私の好きな大麦サラダ(参考:)に使いました。本来ズッキーニの花も入れますが、日本ではあまり売られていないのでその代わりに同じ黄色の菊の花を加えました。それでも美味しかったですよ!
image
リコッタチーズのサーモン巻は自家製のハーブ入りリコッタをスモークサーモンで巻いて作りました。クリームチーズとサーモンは日本でも普通にあるのでそんな珍しいものではないと思います。

image

作ったフォカッチャを出すのも初めてではありませんから説明をパスします〜
ようやく9回目のメインディシュ、トマト煮込みのいか詰め。日本ではいかめしがありますが、イタリアのいか詰めは別物です。中に入れるのはお米ではなく、いかのげそやパン粉などです。少しお洒落に見えますが、これこそママの味です〜何回も実家で食べていて、両親が日本へ遊びに来た時もお母さんに作ってもらいました(*^-^*)
いかの中に具を入れすぎると煮る時に爆発しますから気をつけて〜笑
image
グリーンピースに関しても前に説明したことがありますから今回スキップ〜
最後、秋かぼちゃをフリッテッレー(揚げ菓子)にしてついつい食べてしまうおつまみデザートが出来上がり!
これもお母さんに教えてもらいましたが、実は自分が作ったフリッテッレーの方が美味しくできましたw でもその理由は多分日本とイタリアのかぼちゃの違いにあると思います。日本のかぼちゃの方が甘みがあるのでお菓子に向いているのです。
終わり〜
うちの料理にご興味のある方はキッチハイク予約はこちらで♪
よし、今月のキッチハイクでやっぱりクリスマスっぽいメニューを立てよう〜♪