Tag Archives: リボッリータ

KitchHike n.34

Standard

12月からキッチハイクを再開しました!週一回程度で開催してきました。

まず12/4のランチ会で用意したコースは以下の通りです:

前菜

  • Pound cake di verdure (野菜のパウンドケーキ)
  • Assaggi di pecorino con marmellata di cachi (ペコリーノチーズ食べ比べ〜自家製柿ジャム付け)
  • Pomodori secchi sott’olio (ドライトマトのオイル漬け)
  • Ribollita (リボッリータ)

メイン

  • Gnudi (ニューディ)

サラダ

  • Insalata del giorno con rapicini e acciughe (本日のサラダ)

デザート

  • Torta di riso (ライスケーキ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
img_0270 前回も出した野菜のパウンドケーキ↑↑↑(参考:)と一緒にあと3種類の前菜がありました。
その中の2つは簡単なおつまみ系でした:
ペコリーノチーズ食べ比べ〜自家製柿ジャム付け」トリュフ味・赤ワイン風味・唐辛子入りの3種類のペコリーノに先月大量に作った柿ジャムを付け合わせました。チーズとはちみつはよく合いますが、チーズとジャムも絶品コンビですよ!
img_0269
ドライトマトのオイル漬け」にはイタリアから持って来た大きなドライトマトを使い、アンチョビとケッパーと一緒にオリーブオイルに漬け込みました。先月イタリアに帰った時、ドライトマトのオイル漬けを久しぶりに食べたらやっぱり日本でも作りたい!と思って今回用意しました。
また、トスカーナ料理のリクエストがあったので冬の伝統料理「リボッリータ」を前菜に含みました。去年も出したことがありますが、硬くなった食パンを生かす料理で、季節の野菜(特に黒キャベツの「カボーロネーロ」やインゲン豆など)とそのパンを煮込んだスープです。食べる直前、熱々のリボッリータにオリーブオイルとパルメザンをかけると更に美味しさアップ!
img_0268
ゲストさんたちと一緒に作った「ニューディ」もフィレンツェ料理です。フィレンツェの方言で「裸」という意味の「ニューディ」はまさか「裸のラビオリ」と言えます。パスタ生地がなくてほうれん草とリコッタチーズの団子だけです。デリケートな味のニューディに通常使うソースが非常にシンプルなもので、今回も定番のセージで香りをつけて溶かしたバターにしました。仕上げにパルメザンをたっぷりかけます(はい、パルメザンは色々な料理にかけますw)〜☆
img_0272
本日のサラダ」はベビーリーフ、ラディッシュ、アンチョビ、チーズ等の組合せ♪
img_0271
最後、定番のライスケーキ。ドライフルーツやナッツたっぷりで、お米で作られてるケーキって日本人にとってちょっと違和感があると思いますが、トスカーナでは定番のお菓子です〜(写真は前作った時のものです)
image
以上です!
次回は少しクリスマスっぽいメニューを紹介します〜!
Advertisements

KitchHike n.15

Standard

今月も忙しかったー!お陰様でたくさんのハイカーがうちのキッチハイクに参加しました。毎回違う方々、違う話、違うメニュー。毎回違う雰囲気のキッチハイクができてとても楽しいです〜♪ 来月もたくさんのゲストをお待ちします!

予約はここー(^-^)

さて、15日目のキッチハイクメニューをコメントします。

前菜

  • Polenta fritta con salsa di funghi(揚げポレンタとポルチーニのカナッペ)
  • Ribollita(リボッリータ)
  • Cime di rapa con salsiccia(菜の花と生ソーセージ炒め)
  • Uova ripiene(詰め卵)

メイン

  • Pici con sugo al peposo(ピーチパスタ〜ペポーゾのソース〜)

サラダ

  • Insalata di spinaci con champignon e parmigiano(マッシュルームとパルメザン入りほうれん草サラダ)

デザート

  • Frittelle di castagne(栗粉のフリッテッレ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「ポレンタ」とは何か前に説明したと思います(ここを参考)。冷めて固まってきたポレンタをスライスに切って揚げることがよくあります。これにポルチーニとマッシュルームで作ったクリーミーなソースを乗せて「揚げポレンタとポルチーニのカナッペ」にしました。
因みに揚げポレンタは塩または砂糖をまぶしてそのまま食べても美味しいです〜

image

リボッリータはパンザネッラ、パッパ・アル・ポモドーロなどと同じく余った食パンを生かすトスカーナ料理です。
分かりやすく言うと、野菜、豆とパンの煮込み料理です。パンが崩れてしまい、スープよりはお粥のような食感になります。煮込む野菜は主にキャベツ(特にイタリアのカボーロネーロ)、人参や小松菜、豆は白いんげんです。リボッリータを作ろうと決めた理由は日本でなかなか見かけないカボーロネーロ(「黒キャベツ」)を育てる知り合いにいただいたきっかけです。普通のキャベツと見た目も味も違い、生で食べるとちょっと硬くて苦いので、煮たり炒めたりしたものをトスカーナ料理によく使われています。久しぶりに食べたら懐かしい味がして少し感動しましたw
image
また、季節の菜の花を使った「菜の花と生ソーセージの炒め」。生ソーセージって何?と思う人も多いかもしれませんが、イタリアだとサルシッチャと言い、豚腸に詰めた、スパイスとハーブが効いた豚のひき肉です。日本では売られていないため似たよう生ソーセージを使いました。サルシッチャと菜の花の相性はとても良いですよ!
image
詰め卵はちょうど前回の書込みに説明しました。
去年の夏キッチハイクでハイカーと一緒にシエナ名物である「ピーチパスタ」を手打ちで作りましたが、今回も同じでした。ただソースは本来おかずとして食べるフィレンツェの「ペポーゾ」(牛スネ肉の赤ワイン煮)に変更してみました。ソースっぽくなるようにペポーゾを3時間以上煮込んで柔らかく仕上げました。結局ボリュームたっぷりのパスタになりました笑!
image
image
サラダは冬系のマッシュルームとパルメザン入りほうれん草サラダ、当日の八百屋さんにインスパイアされました。
image
そしてデザートまで季節感を出してみて、栗粉(イタリア産)のフリッテッレを用意(…栗は冬より秋だけどね^^;;)。
レーズンや松の実を混ぜた栗粉の生地を揚げたら、砂糖をまぶして完成です〜これも手軽な家庭デザートで、お母さに何回も作ってもらいました(^-^)因みに栗粉は主にデザートの材料ですが、上記のポレンタのような料理にも使うことがあります。
image
ごちそうさまでした!笑
次回のレポートではカラフルなパスタと(既に過ぎた)ヴァレンタインデーにぴったりのチョコデザートを紹介します〜☆