Tag Archives: フィレンツェ

KitchHike n.46&47

Standard

大好きなかぼちゃと栗の季節になりました!カフェでの料理教室など、他の企画もあってキッチハイクの回数が少なくなってしまいました…そしてブログの回数も…でも諦めず(??)書き続けます!それでは最近のキッチハイクメニューを紹介したいと思います★

まずは9月末に行ったキッチハイク46回目のレポートから:参加者のリクエストに合わせて、メニューは全品トスカーナ料理にしました!

アンティパスト (前菜)

  • Panzanella (パンツァネッラ)
  • Asparagi alla fiorentina (フェィレンツェ風アスパラ)

プリーモ (パスタ)

  • Spaghetti ubriachi (「酔っ払った」スパゲッティ)

セコンド(主菜)

  • Peposo (ペポーゾ)
  • Cannellini all’olio(白いんげん煮)

ドルチェ

  • Torta di riso alla carrarina (カッラーラ風ライスケーキ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パンザネッラはフェィレンツェの伝統料理、パンのサラダです。さっぱりで冷たい夏料理なので、今年のキッチハイクで出すのは今回で最後だろうと思って用意しました。硬くなった食パン(できればハード系のパンを使うこと)を水に浸してから絞り、トマト、きゅうり、玉ねぎと合わせてサラダにします。多くのイタリア料理のように、味付はとても単純です:塩、黒胡椒、オリーブオイル、お酢だけ。

パンツァネッラと一緒に前菜として出したフィレンツェ風アスパラは軽く茹でてから炒めたアスパラに目玉焼きとパルメザンチーズをトッピングした料理です。実はイタリアの他の地域でも似たような料理があるはずです(レシピやアレンジが少し違っても似たような料理がイタリアの各地域にあるのはイタリア料理の一つの特徴です)。IMG_0395

前菜が他のキッチハイクでも作ったことがありましたが、パスタは今回の新エントリーでした!イタリア語で「スパゲッティ・ウブリアーキ」と呼び、「ウブリアーキ」は「酔っ払った」という意味です。スパゲッティ(他のパスタの種類でも作れます)が酔っ払ってしまう理由とは、ソースに赤ワインを使うことです!赤ワイン以外の材料をほとんど使わないシンプルなソースで、パスタが赤・ピンク色になります。いつもと違う、斬新な一品を作りたい時にオススメです! IMG_0396

赤ワインと3時間ほどじっくり煮込んだ牛スネ肉煮込みのペポーゾはまたフェィレンツェの郷土料理です。
肉の脂身が溶けるまで煮込むため、バターやオリーブオイルなどの油を入れないこと、そしてブラックペッパーとハーブで香りをつけることがこのレシピの秘密です〜(^^)

付け合せとしてセージ香る白いんげんにしました。豆類もトスカーナ料理で大活躍されています!IMG_0398

最後、日本人に不思議に思われる(笑)、お米を使ったケーキ。ライスケーキがよく作りますが、今回のはカッラーラという町のレシピを使いました。さっと煮たお米をケーキ型の底に広げ、その上に卵と牛乳ベースの生地を流したらオーブンで焼きます。食感が違う2層のケーキが出来上がり、見た目も綺麗です!IMG_0399

続いて、47回目のメニュー紹介。10月に入ってから開催したので、秋の味に変わりました!

やっぱり栗とかぼちゃですねw

アンティパスト (前菜)

  • Zuppa di porri (長ネギのスープ)
  • Ricotta fatta in casa con marmellate di castagne e cachi (ジャム添え手作りリコッタチーズ)

プリーモ (パスタ)

  • Linguine al sugo di fegatini (鳥レバーソースのリングイーネ)

セコンド(主菜)

  • Petto di pollo ai funghi (きのこクリームの鶏肉ささみ)
  • Zucca al forno(オーブン焼きかぼちゃ)

ドルチェ

  • Castagnaccio (カスタニャッチョ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 IMG_0400
寒くなってきたのでスープも良いと思って長ネギのスープからスタートしました。イタリアではリークを使いますが、長ネギでもバターとの相性が良く、味がほとんど変わりません。

スープと一緒によく作る自家製リコッタチーズマロン柿ジャム(←柿ジャムも自家製です〜)を添えて出しました。チーズに蜂蜜をかけるのも美味しいですが、ジャムもとてもオススメです(^_^)IMG_0402

パスタにはリングイーネ(スパゲッティよりちょっと平たい形をしているパスタ)を選び、ある意味自分が開発した(笑)鳥レバーソースと合わせました。生クリームも加えた、ハーブ香るソースで、レバーなのに割とデリケートな味です。IMG_0403

セコンドも秋の味覚たっぷりでした:きのこ(マッシュルームとポルチーニ)のクリーミーなソースで和えた鶏肉ささみオーブンで焼いたかぼちゃ。鳥ささみは脂肪が少ないので生クリームと合わせてもあまり重く感じないと思います。そしてマッシュルームだけを入れたら香りが物足りないため、乾燥ポルチーニも加えて香りを深く〜

かぼちゃ(通常のかぼちゃと一緒にバターナッツも使いました)は一口サイズに切り、オリーブオイルやローズマリーをかけた後にオーブンで焼きました。IMG_0404

秋冬のトスカーナ料理のデザートと言えば、やはり栗の粉で作る「カスタニャッチョ」です。これも何回も用意しました!そろそろ今年の新栗の粉を調達しなきゃ〜!IMG_0405
今月、来月もキッチハイクと料理教室を開催しますのでお楽しみに!
Advertisements

KitchHike n.2

Standard

では、2回目のキッチハイクについて話します。

2回目は特にフィレンツェでしか食べられない料理を作れるようにしました。

コースはこうなりました:

前菜
・パンザネッラ (Panzanella)
・チェチーナ (Cecina)
・鳥レバーペーストのカナッペ (Crostini di fegatini)
・サラミ (Salame)

メイン
・ペポーゾ (Peposo)

サラダ
・カテリーナ・デ・メディチ風サラダ(Insalata Caterina de Medici)

デザート
・米ケーキ (Torta di riso)

その他/手作りプチパン
・自家製パンディラメリーノ(Pandiramerino fatto in casa)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

見たことない料理名ばかりでしょ?笑

まず、パンザネッラはどのような料理といえば、パンのサラダです。

IMG_3301

前日から余った、硬くなったパンを水に浸け込み、野菜と混ぜてオリーブオイル、ヴィネガー、塩胡椒で味をつけます。夏の家庭料理で、レストランであまり見かけないと思います。

チェチーナはひよこ豆粉で作った薄いパンケーキです。黒こしょうをかけて食べるのは一般的ですが、チーズや生ハムなどと一緒に、様々なアレンジもできます。

IMG_3302

「チェチーナ」という名前はフィレンツェだけで使うと思いますが、ほぼ同じ食べ物が別名でリグーリア州などでもあります。

逆に鳥レバーのペーストはトスカーナ料理の代表的な一品です。

IMG_3300

荒い感じのペーストや滑らかなクリーム状になっているもの、作り方はそれぞれですが、トスカーナ風の前菜に欠かせない料理です。

今回焼いたパンにつけましたが、美味しいコンソメスープに軽く浸したパンに乗せて出すのがおばあさんのやり方でした。

サラミだけはすみません、買ったものでした笑

メインのペポーゾはトスカーナの牛肉煮込み料理です。牛すね肉を3時間ほど赤ワインと大量の黒胡椒で柔らかくなるまで煮込み続けます。

IMG_3303

まあ、写真は真っ黒であまり分からないですねw

サラダの名前はトスカーナの有名なメディチ家の「カテリーナ・デ・メディチ」から由来し、具材はベビーリーフ(色々な葉っぱの混ぜたのが一番いいです)、ゆで卵、アンチョビー、ケッパーとペコリーノチーズです。

FullSizeRender

デザートは日本人を驚かせる、お米で作ったケーキです。

IMG_3304

イタリアでは甘いものにお米を使うことが決して珍しくありません。このケーキを作るにはお米を牛乳と砂糖と一緒に煮た後、卵やアーモンド、レーズン、ドライフルーツ(私の場合は柚子、オレンジと金柑)などを加えてオーブンで焼きます♪

前回、主に魚介料理でしたが、今回はガッツリ肉料理ですね笑

毎回、ゲストさんに合わせて違うメニューを考えるのはとても楽しいです( ^ω^ )今度は是非食べに来てください〜

イタリアン家庭料理/Italian Home-cooked meal