Tag Archives: チェチーナ

KitchHike n.40&41

Standard
3月のキッチハイクで40回目を超えました!\(^ω^)/わ〜い!
キッチハイクを始めた2年前はここまで来ると思ってなかったw 最近リピーターも多く、本当に嬉しいです😊もっと広いキッチンが欲しくなりますけど…笑
さて、まず40回目のメニューです:

 

アンティパスト(前菜)
 
  • Fonduta alla valdostana (自家製チーズフォンデュ)
  • Zucchine ripiene (ズッキーニの肉詰め)

プリーモ(主食)

  • Risotto al radicchio (トレビスのリゾット)

セコンド(主菜)

  • Peposo (ペポーゾ)
  • Pure’ di patate (じゃがいものピューレ)
ドルチェ

 

  • Frittelle di mele (りんごのフリッテッレ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_0323
アンティパストのチーズフォンデュは日本でも流行っていて、色々な作り方があると思います。イタリアの場合、主にヴァルダオスタ州などの北イタリア、スイスに近い地域で食べる料理なので、私が作ったのはヴァルダオスタ風のチーズフォンデュです。使うチーズ類は一つだけ、「フォンティーナチーズ」です。牛乳やバターと混ぜ、弱火でじっくり溶かします。それで出来上がり〜♪ そしてフォンデュにつけるためのブロッコリーやアスパラ、パンや白ぶどうを用意しました↙︎↙︎
フォンデュの次、ゲストたちと一緒に調理したズッキーニの肉詰め。肉の味付けが少し違いますが、日本で食べるピーマンの肉詰めに近い料理です。ズッキーニの他にピーマン、アーティチョーク、ナスなども使うことがあります。
IMG_0324
プリーモの主役、トレビスという野菜はよくキッチハイクで活用していますが、今回初めてリゾットに使いました。チーズとの相性がよく、このリゾットも北イタリアでよく見かけられます。
IMG_0325
また、セコンドのペポーゾも時々に作っています(参考
でもじゃがいものピューレを添えて出すのは今回初めてだったかもしれません。イタリア語で「purè」と呼びますが、マッシュポテトのことです。
IMG_0329
デザートはりんごのフリッテッレ☆輪切りに切ったりんごに衣をつけて揚げドーナツのように揚げる家庭的なおやつ・デザートです♪ (いちごとバニラアイスと一緒に〜)
IMG_0327
その次、41回目のレポートです。

 

アンティパスト(前菜)
 
  • Cecina alle cipolle (玉ねぎ入りチェチーナ)
  • Cocktail di gamberi (海老カクテル)
  • Focaccia al gorgonzola (ゴルゴンゾーラとバジル入りフォカッチャ)

プリーモ(主食)

  • Pomodori ripieni (ライス詰めトマト)

セコンド(主菜)

  • Seppie ripiene (詰めイカのトマト煮)
  • Piselli (グリンピース炒め)
ドルチェ
 
  • Castagnaccio (カスタニャッチョ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
IMG_0332
このメニューでもよく作る料理が出ます。
ゴルゴンゾーラとバジルのフォカッチャは昔に作ったモッツァレラとイタリアンパセリのフォカッチャのアレンジ版です。パンの代わりにと思って出しましたが、味が付いててそのままでも美味しいので前菜の一つになってしまいました。 考えてみたら、前菜だけでお腹いっぱいになりそうなメニューでしたσ(^_^;)
IMG_0334
プリーモはよく作るマンマの料理、ライス詰めトマト
IMG_0336
セコンドのイカ詰めについて、魚介メインのメニューを作る時によく出て来る一品です。セコンドと一緒に食べる野菜料理は「コントルノ」と呼び、イカ詰めによく合うグリーンピースにしました。参加者に言われて気づいたのは日本と違ってイタリアでは飾りだけでなく、一品として食べるグリーンピース料理が少なくないことです☆
IMG_0337
最後、美味しい栗の粉で作ったカスタニャッチョ(これも何回も作っているトスカーナの郷土料理→参考)。
IMG_0339
これで3月のレポートも終わりです。4月はキッチハイクを2回開催する予定ですが、すでに満席ですm(._.)m
そしてAMORE MISHIMA! のレポートは忘れていませんよ!近日中にupする予定なのでもう少しお待ちください♪
Advertisements

KitchHike n.38&39

Standard
「AMORE MISHIMA!」のレポートはまだ途中で、とりあえず先月のキッチハイクのメニューを先に紹介しちゃいます〜
キッチハイク38回目

 

アンティパスト (前菜)

  • Insalata con le fragole (苺入りサラダ)
  • Cecina alle cipolle (赤玉ねぎのチェチーナ)

プリーモ (主食)

  • Crespelle di spinaci (ほうれん草のクレスペッレ)
セコンド (主菜)

 

  • Petti di pollo al limone (レモン風味鶏むね肉のソテー)
  • Padellata di piselli e asparagi con speck  (グリンピースとアスパラのスペック入り炒め)

ドルチェ

  • Frittelle di castagne (栗粉のフリッテッレー)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
170218_kitchhike_kiara-2
まず前菜としてカラフルな「苺入りのサラダ」に赤玉ねぎを加えたトスカーナ料理の「チェチーナ」。
苺入りのサラダは去年のキッチハイクの時も出し、見た目も綺麗な旬のサラダです。
img_7894
「チェチーナ」はよく作るひよこ豆粉のパンケーキ(のようなもの)で、普段はチーズとオリーブオイルだけをかけて食べますが、今回、生地に輪切りにした赤玉ねぎを入れました☆パンケーキと呼んでも実はひよこ豆粉と水、オリーブオイルしか入っていません。フェィレンツェのパン屋さんでよく売ってますので旅行の時に探してみてください(^_-)因みにひよこ豆の粉は日本でも買うことができますが、今回使ったひよこ豆粉はイタリアで買って、昔から石臼挽きで色々な粉を作っている小さな店のものだったため、特に美味しく感じました!
img_7895
プリーモはパスタでなはく、ほうれん草とリコッタチーズが入ったクレープ巻きの「クレスペッレ」でした。このクレープ巻きはベシャメルソースとトマトソースをかけてオーブン焼きにし、見るだけでもわくわくする料理です。中のリコッタチーズが自家製で、クレープも生地から作り、少し手間がかかりましたが、作りがいがあったと思います!
この料理は「カンネッローニ」とも呼ばれていますが、正しくはクレープ生地の代わりにパスタ生地を使う時に「カンネッローニ」と言います。
クレスペッレを食べ終わった後、セコンド(プリーモの後に食べる肉や魚料理)とコントルノ(セコンドに添える野菜料理)を用意。今回はさっぱり系のレモン風味鶏むね肉のソテーに春らしいーンピースとアスパラ炒め。味が甘く感じますが、グリーンピースの自然あ甘さで砂糖などが全く入っていません。そして「スペック」(燻製生ハム」も入れていました(ベーコンでも大丈夫です〜)。
img_7900
170218_kitchhike_kiara-12
デザートにはひよこ豆粉を買った同じ店で売っていた石臼挽き栗粉を活用して「栗粉のフリッテッレー」を作りました。「フリッテッレー」とは様々なバリエーションのある揚げドーナツに似ているお菓子です。今回のフリッテッレーは栗粉の素朴な味が特徴で、実家に住んでいた時、冬のディナー後にお母さんが時々作っていました。生地の中にレーズンと松の実が入っていて、砂糖をかけて食べます。
170218_kitchhike_kiara-14
次、キッチハイク39回目のメニューです。

 

アンティパスト

  • Insalata d’orzo con fragole e asparagi (苺とアスパラ入り雑穀サラダ)
  • Strudel di radicchio (トレビスのシュトゥルーデル)

パスタ

  • Pici all’aglione (ピーチ・アッラリオーネ)

セコンド

  • Braciole alla pizzaiola (ピッザ風のブラチョーレ)
  • Finocchi gratinati (フェンネルのグラタン)
ドルチェ

 

  • Cenci al cioccolato (チョコレートかけチェンチ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
39回は更に旬にメニューを合わせようと思い、春、バレンタインとカーニバルをテーマにしました。イタリアではもちろんバレンタインが祝われていますが、2月の祭りといえばやはり謝肉祭です。カーニバル・謝肉祭はカトリック教の祝祭で、ヴェネツィアのカーニバルが有名ですが、イタリア各地で人々(特に子ども達)が仮装したり、パレードが行われたりします。イタリアではハロウィンよりカーニバルの方が盛り上がりますよ〜そしてカーニバル仮装やパレードの特徴はカラフルであることなので、今回のメニューではできるだけカラフルな料理を選びました。
まずは旬の真っ赤なを使い、緑色のアスパラとフェンネル(⇦日本で珍しいイタリア野菜。三島の料理教室レポートの時、詳しく説明します!)と一緒にお米と押し麦の雑穀サラダにしました。最後にピンク色のハムも飾り、春らしい一品に〜
01
その後のトレビスのシュトゥルーデルはこれまでのキッチハイクで時々出しています。「シュトゥルーデル」はもともと北イアリアなどのお菓子の名前で、トレビスという紫色で少し苦い野菜を入れた、シュトゥルーデルの惣菜バージョンにしました(チーズも入っていて甘くありませんよ笑)。余談ですが、トレビスのシュトゥルーデルを乗せた黒石のトレーは最近、私のお気に入り食器です(^-^)
img_7968
パスタはゲストたちと一緒に麺を伸ばした、シエナ名物の「ピーチ」。桃と全く関係ないwピーチも今までのキッチハイクで何回も作り、見た目はうどんに近いです。ピーチのソースといえば「アリオーネ」、要はニンニクの効いたトマトソースです。イタリアのトマトソースは何種類があり、シンプルなトマトソースでも使うトマト、味付、料理の種類と家庭によって違うものになります。特に実家で食べ慣れている・お母さんが作るトマトソースはイタリア人にとって「ザ・トマトソース」であり、例えば友達の家で作られるトマトソースを試すと違いが明らかになることが多いと思います(個人的な経験ですが、子供の時、友達のお母さんが作ったトマトソースパスタを食べたら、自分が知っていたトマトソースと違いすぎてショックでしたw)。

 

33

セコンドは赤と白のコントラストが目立つ「ピッザ風のブラチョーレ」:豚肉の薄切りをフライパンで炒めてからトマトソースを加え、モッザレラチーズをトッピングします。トマトソースとモッザレラチーズ、そしてバジルやオレガノを使うため「ピッザ風」(イタリア語で「pizzaiola」)と言います。

45

その次、フェンネルという野菜がやっぱり日本でなかなか見かけないものなので、必ずキッチハイクに活かしたいと決めて「フェンネルのグラタン」を作りました。フェンネルは優しい味で、チーズやベシャメルソースとの相性がいいですよ〜
47
50
最後、カーニバル時季の伝統菓子。「チェンチ」はフェィレンツェでの呼び方ですが、同じお菓子でもイタリアの他地域ではキャッキエレやフラッペなど、違う名前がたくさんあります。フェィレンツェの方言で「チェンチ」とは「布巾」という意味で、このお菓子の形が布巾に似ているためこの名前が付けられています。薄〜く伸ばした生地を油で揚げ、粉糖をふって食べます。”バレンタイン感”も少し出すために溶かしたチョコレートをかけてみました(^o^)。
58
今日も読んでいただいてありがとうございました(^_^)
3月は2回ほどキッチハイクの予定ですが、26日はまだ一人の席が空いています!お早めに〜
※この書き込みの多くの料理写真はキッチハイクに参加された方々が撮ったものです。最近プロに写真を撮ってもらえて本当に嬉しいです!ありがとうございました。

KitchHike n.28

Standard

8月最後のキッチハイク。今年も夏があっという間に終わりました…>_<

9月のキッチハイクも既に終わってて、それもレポートを書かないといけないので早速キッチハイク28回目(30回に近づいてきた!)のメニューを紹介します〜!

前菜

  • Cecina(チェチーナ)
  • Insalata d’orzo con pere, pecorino, rucola e noci (梨とペコリーノチーズ入りの大麦サラダ)
  • Involtini al limone(レモン風味インヴォルティーニ)

メイン

  • Strozzapreti allo zafferano con salsiccia e zucchine (サルシッチャとズッキーニのサフランストロッツァプレーティ)

サラダ

  • Insalata Caterina (カテリーナサラダ)

デザート

  • Salame al cioccolato (チョコレートサラミ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キッチハイクを初めて1年以上も経ってるから、定番料理は今回も結構出ています。トスカーナ料理のチェチーナやカテリーナサラダ、デザートのチョコレートサラミ。

img_0223
前菜の新メニューは梨とペコリーノチーズ入りの大麦サラダです。前もこういう話をしたかもしれませんが、イタリア人は洋梨とペコリーノチーズを一緒に食べるのが大好きです♪ 洋梨とペコリーノのリゾットもおすすめです。
大麦やライスをサラダにしたものがイタリアの夏の食卓でよく見かけます。洋梨とペコリーノ以外、くるみとルッコラも加え、優しい味付けで仕上げました〜
img_0222
また、レモン風味のインヴォルティーニ:イタリアの肉巻き、インヴォルティーニもよく作ります。特に鶏肉のヘルシーなインヴォルティーニが好きで、中の具はパン粉やハーブ、アスパラガスにしました。そして炒めながらレモン汁も入れて、インヴォルティーニにかけられる、さっぱりでクリーミーなソースができちゃいます(^^)
img_0224
メインは前も作ってた手打ちパスタのストロッツァプレーティ(作る時はねじって千切る短いパスタ)。でも今回のソースはよく合うサルシッチャ(イタリアの生ソーセージ)+ズッキーニ、そしてサフランも加えました。もちもちしたストロッツァプレーティにソースが絡み、サルシッチャの塩味とサフランの香りを合わせてほっぺが落ちそうな味に!
img_0226
カテリーナサラダチョコレートサラミは写真だけ載せます〜
img_0225img_0227
次のレポートではイタリア産の水、Acqua Pannaと Ferrarelleを提供したキッチハイク!
 お楽しみに!

KitchHike n.12&13

Standard
2015年もあっという間に終わってしまいました。そして昨日2016年初キッチハイクでした(^^)楽しくて、やっぱりこのサービスを使い始めて良かった〜と思いました。
まだレビューを書いていない2015年のキッチハイクは2つあるので、まとめて書きます。
12回目のキッチハイクメニュー:
前菜
  • Cecina(チェチーナ)
  • Bruschette tonno e bottarga(ツナとカラスミのブルスケッタ)
  • Inzimino di seppie(いかのインツィミーノ)
パスタ
  • Tagliolini al ragù di polpo(たこソースのタリオリーニ)
サラダ
  • Insalata di fagioli(白いんげんサラダ)
デザート
  • Tiramisù(ティラミス)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12回目は魚介系コースでした。
何回も作ったことがあるチェチーナをパスして、ツナとカラスミのブルスケッタについて話しますと、これはトスカーナではなく、どちらかと言えばサルディーニャ料理です。サルディーニャはシチリア島の後にイタリアの最も大きい島です。海がとても綺麗で食べ物(特に魚介類)も凄く美味しいです。いや、やっぱり海がめちゃくちゃキレイで食べ物もほっぺが落ちるほど美味しいw 子供の時、毎年の夏に家族でサルディーニャへバカンスに行ったりしていました。その時の思い出が今でもたくさんあります…が、メニューの話に戻りましょう。サルディーニャ島のカラスミ(イタリア語で「ボッタルガ」)が有名なので様々な料理に活かせます。今回のブルスケッタにパウダー状のボッタルガとツナ、塩と黒胡椒などを合わせてパンに乗せました。
image
その下の「いかのインツィミーノ」はいかとほうれん草の炒めです。これはさっきのブルスケッタと違ってトスカーナ料理で、お母さんがよく作っていました。因みに「インツィミーノ」とはよく魚介類とほうれん草や小松菜の炒め物を示しますが、言葉の由来が不明らしいです笑
メインのタリオリーニ(生パスタの一種)のソースとしてボロネーゼ風にたこを仕上げました。ボロネーゼのメンチの代わりにたこを細かく細かく切って使いました。手間がかかりますが、結果は少しレストランっぽいお洒落で美味しい一品ですよ!
image
白いんげんもトスカーナ料理でよく使われる食材です。今回、セロリとオレンジピールと混ぜてサラダにしました。
image
最後にイタリアンデザートの定番、ティラミス。実は今回始めてキッチハイクで出しました。日本でもあまりにも知られていて、できるだけ(日本人にとって)珍しいイタリア料理を用意するようにしているのでティラミスはずっと避けてきました。でもこのティラミスこそお母さんから習い、少しずつレシピを自分好みにアレンジしながら自分の得意料理になったと言えます。そのため、その自慢のデザートは一回でも作らなきゃ!と思いました(^^’)。今度食べたい人は言ってくださいね〜
image
次に2015年のラストキッチハイク、13回目のメニューです:
前菜
  • Frittata di piselli e orzo(グリーンピースと大麦フリッタータ)
  • Finocchi gratinati(フェンネルグラタン)
  • Fagioli all’uccelletto con salsicce(サルシッチャ入りの白いんげんトマト煮)
メイン
  • Ravioli gnudi(ラビオリ「ニューディ」)
サラダ
  • Insalata con mele e noci(りんごとくるみ入りサラダ)
デザート
  • Frittelle di mele(りんごのフリッテッレー)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
フリッタータは前も用意したことがある、イタリアの卵焼きのことです。ズッキーニやアスパラなどのフリッタータが普通ですが、今回少し珍しいグリンピースと大麦入りのフリッタータを作りました。
フェンネルのグラタンは最初に作る予定がありませんでしたが、キッチハイク当日の朝、家近くの八百屋さんで驚いて生のフェンネルを見つけ、作ることを決めました。フェンネルとはイタリアで普通に食べる野菜で、今まで日本で売っているところを見たことがなかったです。乾燥したフェンネルの種をスパイスとして使うことも多いです。また食べたいので見つけるといいね〜(^^)
前菜と一緒に出した白いんげんのトマト煮は実はイタリアだったらメイン料理として食べます。イタリア料理が出る順番は
前菜(野菜、肉、魚、色々ありますが、基本的に軽いもの)→パスタ類やリゾット→肉や魚料理、チーズなど(前菜よりボリュームのあるもの)と野菜→フルーツやデザート
ですが、キッチハイクではちょっと日本流に出したりしますので、結局前菜としておかず的なディッシュを食べてからパスタ類を出す時もあります。今回の白いんげんトマト煮は「ファジョーリ・アッルッチェッレット」と言い、これもトスカーナ料理です。味付けに使うセージの香りが独特です〜
image
(左から:グリーンピースと大麦フリッタータ、フェンネルのグラタン、サルシッチャ入り白いんげんトマト煮)
またトスカーナ(フィレンツェ)の料理である「ニューディ」はフィレンツェの方言で「裸」の意味で、ラビオリの中身(ほうれん草とリコッタチーズの具)のことです。外のパスタ生地なしのラビオリなので「裸ラビオリ」と名つけられています(^_^)。バターとチーズだけのソースで食べることが多いですが、トマトソースなどもよく合います。
キッチハイクの時、このニューディをハイカーさんと一緒に作ってとても楽しかったです!
image
デザートは完全に家庭料理で、おばあさんもよく用意していたりんごのフリッテッレー:薄く切ったりんごをリキュールなどで味付けをして揚げ菓子にします。揚げ物ですが、一口サイズで食べやすく、中のりんごがさっぱりするのでお腹いっぱいでもいけますwシナモンをかけても美味しいですよ〜
image
以上です(^^)
ではでは、本年もよろしくお願いします〜☆
年明けに実家からイタリアン食材も送ってもらったので今後色々な料理が作れます!
楽しみにしていてください*(^_-)*